カテゴリ:未分類( 38 )

懸賞 懸賞

<りそな銀>印紙税2億5000万円納付漏れ 国税局指摘(毎日新聞)

懸賞 2010年 06月 15日 懸賞

 りそな銀行(大阪市中央区)が09年9月までの約3年間で、印紙税約2億5000万円の納付漏れを大阪国税局に指摘されていたことが分かった。収入印紙が必要な書類約60万枚に印紙を張らなかったためで、過怠税額は約2億8000万円とみられる。

 同行などによると、顧客から現金や小切手を預かった際に渡す受取書に、印紙税法で義務付けられている収入印紙を事務のミスで張り忘れた。また同行が「印紙が不要」と判断していた融資の案内文書などについても、国税局から印紙税の対象になると指摘されたという。

 同行持ち株会社の「りそなホールディングス」は「事務のミスや認識の相違があったが、意図的なものではない。国税局から指摘を受けて全額納付を済ませた」としている。

【関連ニュース】
りそな:東京本社を江東区移転「メガバンクの物まねせぬ」
りそなHD:細谷英二会長「公的資金返済、上期にメド」 2兆円の一部は11月までに
わが社の場合 りそな銀行グループ
りそなホールディングス(8308)は大幅続伸で前場を終了 「公的資金返済へ最終調整」報道で財務改善を確認

首相補佐官に側近の阿久津、寺田両氏(産経新聞)
地球帰還へエンジン最終噴射=13日夜、カプセルが豪州落下へ−探査機はやぶさ(時事通信)
<菅首相>官房機密費 使途公開を検討も(毎日新聞)
武藤敬司さん交通事故=プロレスラー、接触男性軽傷―東京(時事通信)
【高速道路新料金】菅首相から最初の指示…微妙に後退?(レスポンス)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-06-15 21:06

ワゴン車窃盗で関学生逮捕「免許取りたて、車に乗りたかった」(産経新聞)

懸賞 2010年 06月 04日 懸賞

 無施錠でキーがついたままのワゴン車を盗んだとして、兵庫県警宝塚署は29日、窃盗の疑いで、同県宝塚市中州の関西学院大2年、中村崇志容疑者(20)を逮捕した。調べに対し、「運転免許を昨年8月に取ったばかりで、車に乗りたかった」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は27日午後9時ごろ、同市小浜の建設会社駐車場で、同社役員の男性(55)のワゴン車を盗んだとされる。

 同署によると、中村容疑者はワゴン車を盗んだ後、自宅近くの路上に駐車。同署員が29日に発見し、ワゴン車に乗ろうとした中村容疑者に職務質問したところ、容疑を認めたという。

【関連記事】
朝鮮学校教諭が強制わいせつ、ひったくり現行犯
酔って寝込んだ男性から財布盗む 高校生ら3人逮捕
大阪市職員、母親と万引 「息子はやってない」と庇う
宅配装い女性宅に押し入る 強盗グループ3人逮捕
日本製は極めて高価…窃盗団が暗躍する中国“紙おむつ”事情
iPadが上陸

もしかしたら…“平城京カレー”(読売新聞)
堀内氏「退場させられた監督だ」…鳩山首相退陣表明(スポーツ報知)
地域ケア研究会報告、「施設解体」と懸念―全国老施協・中田会長(医療介護CBニュース)
地域が国を動かす7つの条件(医療介護CBニュース)
<マルチ商法>仮想空間ビズ社捜索 会員「徹底的に解明を」(毎日新聞)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-06-04 14:17

オーストリアに学ぶこと……それは林業のチカラ(Business Media 誠)

懸賞 2010年 05月 27日 懸賞

 水力資源に恵まれるオーストリアは欧州諸国の中でも飛び抜けて再生可能エネルギーの利用比率が高い。再生可能エネルギー大国といっても過言ではない。

【拡大画像や他の画像】

 しかしEU(欧州連合)の再生可能エネルギー指令(2001/77/EC)はさらなる引き上げを求めており、オーストリアは国内消費電力に占める再生可能エネルギーの割合を2010年中に78.1%まで引き上げることを目指している。例えばドイツの同割合は現在15%程度であるから、その値がいかに高いかが分かる。

 だが、これ以上水力発電を新規開発するのは難しい。どうしてもほかの電力源が必要であり、その代表格が風力だ。西部のブルゲンラント州は2010年中に州内の電力を再生可能エネルギー100%で供給し、その3分の2を風力発電でまかなう意欲的な方針を立てている。

 オーストリアにとって、もう1つ有望な再生可能エネルギー資源が木質バイオマスである。オーストリアは昔から林業が盛んで木に親しむ生活スタイルが定着しており、近年、これに木質バイオマスの視点が加わった。今回の時事日想は、オーストリアの木質バイオマス利用と林業事情をレポートする。

●古くて新しい木質バイオマス

 「木質バイオマス」と書けばずいぶん堅苦しく感じるが、人は昔から「薪」という形で木材燃料を利用してきた。単純化すれば、現在脚光を浴びている木質バイオマスは薪の延長上にある。

 オーストリアの昔の家には薪ストーブが備えられていた。熱を蓄えられるよう厚めの石やタイルが用いられ、居間か家長の部屋にあるのが一般的だった。こういった薪ストーブのある部屋が、家の中で唯一暖房された部屋であり、冬の内職から家族のだんらんまで、皆その部屋に集まってきたそうだ。

 現在の薪利用はもっぱら暖炉が多く、田舎へ行けば壁際に積み上げられた薪をよく見かける。本格的な暖房として使っているのか、あるいはインテリアとしての暖炉なのかはケースバイケースだが、燃料としての木質バイオマス利用が今もごく普通に続けられている。

●無駄のない木質バイオマス利用

 製材所も集約化が進み小規模家族経営の製材所は経営が苦しいそうだが、それでもオーストリアの田舎では小さな製材所ががんばっている。木材は特に隣国イタリアへの輸出が盛んだが、国内消費も旺盛で木材建築ひとつとってもその質の高さを垣間見ることができる。

 写真1は一種のログハウスであるが、丸太を組み合わせたものではなく角材を組み合わせて建てられたもの。キャンピング場などに建つ特別の建物ではなく、ごく普通の農家の母屋である。一般的な「木造住宅」のレベルを遥かに超えた「純木造住宅」であろう。

 オーストリアにおいて林業が盛んになった理由は、その自然条件に負うところが大きい。平地の少ない自然条件の中で行なえる代表的な第一次産業は「林業と畜産」。今も林業と畜産を兼業する中小農家は多く、彼らは自分で木材の切り出しまで行なってしまう。牛乳の卸売価格が極端に安い昨今、中小農家にとって林業の魅力は相対的に高まっている。

 林業のさらなる追い風が、木質バイオマスの需要拡大と公的補助の拡充である。これまでは薪にするしかなかった端材、枝、そして利用価値の乏しかった樹皮といったものをチップにすれば木材燃料として価値が生まれる。小型の木材チッパー機を木材切り出しの現場へ持って行きその場でチップにしてしまうから、林業のゴミ「林地残材」が残らず、健康できれいな山を保つことができる。

●省力化が時代の流れ

 1本の木を切り倒して丸太にする際、枝や樹木の先端部など邪魔な部分を切り落とすわけだが、これが全体重量のおよそ50%に相当する。作業システムや林道の整備状況の違いから、日本ではこういった部分が山に残されることが多く、これがいわゆる林地残材だ。日本でも木質バイオマスの需要が喚起され林地残材に経済価値が付くとなれば、おのずとその量も減少するはずだ。

 オーストリアと日本の林業システムで特に異なるのは、切り出した木の集材方法だ。オーストリアの森は傾斜地が多いため材木搬出用トラックまで木を集めるのに、架線集材という方法をとることが多い。100メートルから数百メートルのワイヤーを空中に張り、そのワイヤーに集材機をぶら下げて木を集めてしまう。

 オーストリアも人件費が高いため、傾向として林業も省力化と自動化が進んでいる。この点、状況は日本の林業と共通性がある。

●地産地消型の資源

 木質バイオマスは地産地消型のエネルギー源である。そもそも木材チップや木材ペレットはかさばるから長距離輸送には向かないし、輸送燃料が多量に必要であれば「何のための再生可能エネルギーか?」ということになる。

 もう1つの特徴は、中小林業農家や(こう書いては語弊があるが)林業しかない土地にもビジネスチャンスが生まれるということ。日本では産業としての林業が長らく放置されてきたが、荒れた森・荒れた山をどうにかしなければならないという政治的機運の中で、その重要性が再認識されるようになってきた。林業を魅力ある産業に育てようと思う時、日本にとってオーストリアの状況はおおいに参考となるはずだ。

【関連記事】
今日からできる、CO2排出削減33の知恵
果たしてトラムは安全なのか 日本とドイツの違い
不思議の国ニッポンが、好かれる理由

【お財布術】「早朝割引」編 「安さ」「時間限定の珍しさ」アピール(産経新聞)
介護サービス情報のサイト、6月に新設―長野県(医療介護CBニュース)
千葉の放火殺人、ストーカー男と娘を逮捕(産経新聞)
普天間問題 28日に「首相発言」表明へ(産経新聞)
3億円余を不正送金か=フィリピン人の女逮捕―福岡県警(時事通信)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-05-27 23:38

ミズバショウが見ごろ 長野(産経新聞)

懸賞 2010年 05月 19日 懸賞

 長野市鬼無里(きなさ)の奥裾花自然園の今池湿原では、ミズバショウが見ごろを迎え、多くの観光客でにぎわった。標高1250メートル、約7ヘクタールの湿原に81万株以上のミズバショウが咲き、雪解け水の流れには天然のイワナが泳ぐ姿も。

 横浜市金沢区から訪れた鈴木則子さんは「ミズバショウが咲くそばで雪景色がみられ、感激しました」と雪が多く残る景色との対比を楽しんでいた。

 鬼無里観光振興会によると、今年は天候不順で例年より開花がやや遅め。見ごろは今週末からで、今月末まで楽しめるという。

【関連記事】
六甲高山植物園でミズバショウ見ごろ
新緑の尾瀬 山開き ミズバショウの見ごろ早め
タンチョウ飛来がピーク 北海道鶴居村の給餌場
新種の珪藻発見か 滋賀・長浜の湿原
「コケ」や「花」も 多様化する「壁面緑化」
少子化を止めろ!

警察官舎に赤旗配布 2審も有罪 同種事件、判断分かれる(産経新聞)
太地町民の水銀影響、知事「適正量なら問題なし」(読売新聞)
<医師法違反>容疑で52歳の女逮捕 無免許で整体治療(毎日新聞)
小惑星探査機 「はやぶさ」地球撮影 6月帰還、故郷目前(毎日新聞)
2010年の子ジカ第1号が誕生=奈良〔地域〕(時事通信)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-05-19 03:49

舛添氏提案の“野合”には乗らず(産経新聞)

懸賞 2010年 05月 12日 懸賞

【週刊・中田宏】

 誇り高き日本の回復を目指す政治家、中田宏氏(45)の活動を紹介する「週刊・中田宏」。「今週の政治を斬る」では、米軍普天間基地移設問題で沖縄県を訪れた鳩山由起夫首相の発言について聞いた。“勉強不足”と自らを認めた鳩山首相に中田氏は、「参院選で国民の審判を待つのみ」と言い放った。

 1週間の活動の中から3つを選んで紹介する「3大宏動(こうどう)」では、松山市の中村時広市長と地域政党と地方分権に関して意見交換したことなどを取り上げた。

■今週の政治を斬る

【国民の審判待つのみ】

 米軍普天間基地の移設問題をめぐり、4日に沖縄を訪れた鳩山由紀夫首相。

 「県外という話もなかったわけではないが、日米同盟や抑止力の観点から難しい。沖縄に負担をお願いしなければならないという思いで来た」

 かりゆしウェアに身を包んで県庁の仲井真弘多知事を訪ねた鳩山首相はこう切り出した。「最低でも県外」−。昨夏の衆院選から声高に叫び続けていた鳩山首相の姿が一瞬よぎる。

 同日昼は記者団に対し、「昨年は、海兵隊が抑止力として沖縄に存在しなければならないとは思っていなかった。学べば学ぶほど、(海兵隊の各部隊が)連携し、抑止力を維持していることが分かった」と明かした鳩山首相。

 これらの発言に中田氏は、「『思っていなかった』、『学べば学ぶほど』って。学んでなかったってことを自分で言ってしまったのだが…」とあきれ顔で話した。

 普天間基地移設問題に関して、日米同盟は「アジアと世界のインフラ」とこれまでも主張してきた中田氏。「海兵隊はアジアの有事に際して飛び出すものだが、戦闘行為だけではない。スマトラ島沖地震の際にも真っ先に出動し、東南アジアも含めた守備範囲の最前線として沖縄に存在している」と、その重要性を今一度強調する。そのうえで、沖縄県は「その効果を発揮するための地理的環境として適している」とする。

 一連の鳩山首相の言動を「安全保障か沖縄の負担軽減かという問題を並列にしたあげく、負担軽減の方しか考えていなかった」と指摘。「安全保障の中で負担軽減を考えなければいけないはず」と訴える。

 普天間をはじめ、米軍基地が集中する沖縄県。中田氏は、「沖縄を軽視しているのではない」と語る。

 神奈川県が沖縄に次ぐ第2の基地県であることや、昨年まで市長を務めていた横浜市にも約470ヘクタールに及ぶ基地があることをあげ、「沖縄の痛みを分かって言っている。沖縄だからいいという気持ちは毛頭ない。国民の生命を守る観点から言っている」と強調した。

 支持率の低下がとまらない鳩山政権だが、沖縄訪問での一連の発言が、さらに影響するのは避けられそうにない。夏の参院選が間近に迫っているが、中田氏は「自民党のように選挙だからといって首相の首を変えるのは一番卑怯(ひきょう)」と牽制(けんせい)。「選挙で国民の審判を受けるべきだ」と力を込めた。

【選挙協力の段階にない】

 夏の参院選を前に、次々と旗揚げされた「たちあがれ日本」「日本創新党」「新党改革」などの新党。

 自民党に離党届を提出し、除名処分とされた新党改革の舛添要一元厚労相は、新党が連携して参院選比例代表の統一名簿を作成することを提案している。

 産経・FNNが先月行った「参院選、比例代表はどこに投票するか」の合同世論調査では、民主21・2%▽自民17・8%▽みんな10・3%▽新党改革2・5%▽たちあがれ2・0%▽創新1・0%−となった。

 舛添氏は、新党同士の選挙協力で票をバーターしたい考えだ。

 これに対して中田氏は、日本創新党が他の党と連携することは、国会における将来的な連携は「すべては否定しない」としながらも、選挙協力は「今はその段階にない」と断言する。

 政権交代となった昨夏の衆院選をあげ、「理念は共有しないが批判を共有するということで議席を取るというのは、半年前にもう見た」と、選挙対策での政党の寄り合いを批判。「今の日本の政治に必要なのは、国の将来像を共有する仲間が集い、旗を鮮明に立てること」と主張する。

 さらに中田氏は、「辞書で『政党』という言葉をひくと、そこには『議員が5人集まれば…』なんてことは書いてない。『主義主張を同じにする者が政策の実現のために活動する』とある。これが本質」と指摘。政党のありかたそのものを政治家が根本的に考え直すべきだとの認識を示した。

■今週の3大宏動(こうどう)

【“しょうぶ”の日】

 5月5日(水) 茶道裏千家の大宗匠・千玄室氏を、日本創新党立ち上げの報告をかねてあいさつするために訪ねた。千玄室氏は「わが国は文化に対する理解が低すぎる。もっと大事にする国にするためにしっかりやってほしい」と話していたという。帰り際に千玄室氏は、「いい日に来た。今日は“しょうぶ”の日やからな」と、5月5日にちなんだ植物のショウブと勝負をかけた言葉で送った。

【財政の危機感を共有】

 5月6日(木) 高知県の尾崎正直知事と高知市の岡崎誠也市長をぞれぞれ表敬訪問した。尾崎知事は税収を国債が上回った今年度予算をあげ、「国政にはもっとマネジメントの感覚が必要」などと語った。岡崎市長も「国の財政はあと3年くらいしかもたないのでは」などと話し、両首長と財政に対する危機感を共有する訪問となった。

【政党も地方分権すべき】

 5月6日(木) 高知県を離れ愛媛県へ。“首長連合”の盟友でもある松山市の中村時広市長を表敬訪問した。ここでは国政の政党と地域政党の関係や、それぞれの役割について語り合った。

 大阪府では橋下徹知事が「大阪維新の会」を、名古屋市では河村たかし市長が「減税日本」を立ち上げるなど、地域政党の誕生が相次いでいる。松山市でも、市議選を終えたばかりで会派作りをめぐって動きがあるという。

 中田氏は、地域政党の活発化に賛同したうえで、「地方分権の流れのなかで、一番中央集権的なのは政党。政党が分権されていないから行政の分権も進まない」と指摘した。

《中田宏プロフィル》
 昭和39年9月20日生まれ。横浜市青葉区出身。青山学院大学経済学部卒業後、松下政経塾に入塾し、ごみ問題の研究に没頭した。平成5年の衆院選で初当選。14年、37歳の若さで自公民オール与党の支持を得た現職を破り横浜市長選に初当選。18年に再選。ごみの排出量40%削減、職員定数20%削減、入札制度の電子入札・一般競争入札制度化、違法売春街の浄化などタブーなき改革を断行した。21年6月、大阪府の橋下徹知事らと首長連合を組織。同8月に市長を辞任。同10月に新しい政治団体「よい国つくろう!『日本志民(しみん)会議』」を立ち上げた。22年4月18日、新党「日本創新党」を設立。代表幹事に就任した。

【関連:「週刊・中田宏」】
「選対本部長格下げで院政継続」中田氏が小沢氏進退を予測
創新党・中田代表幹事、相次ぐ新党は“自己中”で理念なし
18日に結党、消費税上げは法人税下げとセット
新党理念は「自立」、国家像なき現状日本を憂う
「赤字国債増やすだけ」 中田氏、郵政改革で亀井氏を痛烈批判

障害者団体発起人に有罪=村木被告共謀、実質判断せず−郵便料金不正・大阪地裁(時事通信)
「手口は『2ちゃんねる』で知った」 高速料金ごまかした男を逮捕(産経新聞)
反捕鯨SS船長、27日に初公判 東京地裁(産経新聞)
新たに12農場で口蹄疫疑い=宮崎(時事通信)
<動物愛護>殺処分からペット救え 100匹と飼い主が行進(毎日新聞)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-05-12 02:44

タクシー運転手刺され重傷 男3人が4万円奪い逃走 東京・江戸川区(産経新聞)

懸賞 2010年 04月 24日 懸賞

 東京都江戸川区で23日未明、タクシー運転手の男性(59)が客の男3人に刃物で襲われ、売上金を奪われる事件があった。警視庁捜査1課と葛西署は強盗殺人未遂事件として男らの行方を追っている。男性は重傷を負ったが、命に別条はないという。

 捜査1課の調べによると、男らは同日午前0時45分ごろ、江戸川区北葛西の路上でタクシーを降り、男性を車外に引きずり出して刃物で首と腹を刺した。男らは売上金約4万円を奪って逃走したという。

 男性が自ら110番通報し、警察官が駆け付けると、男性はタクシーから数メートル離れた公衆トイレわきの階段で倒れていたという。

 捜査1課によると、タクシーメーターの支払いボタンは押されていなかったが、約3千円がメーターに表示されていたという。3人はいずれも若く、1人は身長約170センチで茶髪、ジーンズ姿だった。

 現場は都営新宿線船堀駅から南西約800メートルの中川堤防近く。

【関連記事】
沖縄で外国人がタクシー強盗
「すぐ戻る」と逃走、追いついた運転手を暴行 タクシー強盗容疑で中国籍の男逮捕
大阪・堺で2人組タクシー強盗
未明、大阪でタクシー強盗2件
日光でタクシー強盗 運転手刺し逃走

<松本清張賞>村木嵐さんの「マルガリータ」に(毎日新聞)
早速「縮減」判定 沖縄科学技術研究基盤整備機構の運営委員会経費(産経新聞)
宮崎の和牛3頭、口蹄疫感染の疑い(読売新聞)
元秘書有罪・資料拒否で不信感、首相さらに窮地(読売新聞)
「国民安心税」の創設 自民公約盛り込みへ(産経新聞)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-04-24 18:25

首相の徳之島入り「視野」=進退論発展に否定的−官房長官(時事通信)

懸賞 2010年 04月 22日 懸賞

 平野博文官房長官は19日午前の記者会見で、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)のヘリ部隊移転先として検討している鹿児島県徳之島を鳩山由紀夫首相自身が訪問する可能性について「そういうことも視野に入れながら、政府として説明することは説明し、お願いすることはお願いする」と述べた。
 普天間問題が5月末までに決着しなかった場合、首相の進退問題に発展するかどうかに関しては、「わたしはそうは思わない」と否定的な見方を示した。 

<ゆるキャラ>日光仮面にとちまるくん 栃木県庁前にずらり21体(毎日新聞)
<ネット中傷>接続業者の責任は限定的…最高裁が初判断(毎日新聞)
「舌痛症」どんな病気? 脳内で誤作動? 慢性的痛み(産経新聞)
<掘り出しニュース>鉄道ファンもびっくり! 銭湯にNゲージ 愛知・一宮(毎日新聞)
財政健全化へ関係閣僚委=数値目標検討に着手(時事通信)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-04-22 00:32

中国人から「中国の恥だ」 上海万博PR曲に盗作疑惑(J-CASTニュース)

懸賞 2010年 04月 20日 懸賞

 上海万博のPRソングに盗作疑惑が出ている。1997年に発表された岡本真夜さんの楽曲に酷似しているというのだ。中国のネットで指摘され、YouTubeにアップされた動画には中国人から「中国の恥だ」といったコメントが書き込まれている。日本でも話題になっており、所属事務所も「ただいま事実確認中」としている。

 2010年5月から中国で開幕される上海万博のPRソングが3月末に公開された。タイトルは、「2010は、待っている」。プロモーションビデオでは、俳優のジャッキー・チェンさんなど、中国を代表するスーパースター達が歌っている。

■「中国政府はいつも笑わせてくれるな」

 しかし、この曲が盗作だという疑惑が出ている。中国のネットユーザーが指摘したもので、日本のシンガーソングライター、岡本真夜さんが97年に発表した楽曲「そのままの君でいて」に酷似しているというのだ。

 同曲はミドルテンポで明るい雰囲気のポップソング。信用金庫のイメージソングにもなり、オリコンランキングでもトップ10入りした。

 2つの曲を聞き比べると、確かに極めて似ている。サビ部分が似ているだけでなく、最初のメロディAメロや次のBメロまでもがそっくりだ。

 YouTubeには、万博PRソングと「そのままの〜」がどちらもアップされており、世界各国からのコメントが付いている。中国のユーザーからは、

  「頭の悪い中国政府はいつも笑わせてくれるな」

  「中国の恥」

  「万博がこんなパクリソングをテーマソングに採用するなんて、信じられないよ! 自分は中国人だけど、とても恥ずかしい。だけど、だからといって、中国人全員をみんなが嫌いになるべき、ということではないよ」

といった書き込みが寄せられている。国家の威信をかけたイベントにも関わらず、テーマソングが日本の楽曲に似ていたということがショックなようだ。

 これまでの報道によると、この曲を作った中国の作曲家は、「足でリズムをとって着想を得た」と語っているという。

■岡本真夜側は「ただいま事実確認中」

 この盗作疑惑は日本のネットでも話題になっている。2ちゃんねるには、「そのまんまじゃねえかww」「完全にパクりじゃん」といったもののほか、「ここはジャッキーに免じて許してやれ」といったコメントが大量に書き込まれた。

 一方で「日本人もあまり言えないけどな〜」というものも。岡本さんの「そのままの〜」も、サビ部分が70年代に出されたジャクソンファイブの「I'll be there」という楽曲に似ているのでは、という声が挙がっている。

 岡本真夜さんの公式サイトも更新され、16日夕方までにスタッフから

  「先日から、各メディアで報道されています上海万博の件ですが、ただいま事実確認中ですので、正式発表があるまでしばらくお待ちください。よろしくお願いいたします」

というコメントが発表されている。


■関連記事
JPOPの曲似ているのは理由がある 「コード依存」がひどいから? : 2008/10/25
ディズニーの「初音ミク」パクリ説 掲示板やブログで取り上げられる : 2008/03/13
しょう油の起源は韓国??  日本メーカーびっくり : 2008/06/05
魔法のような中国の言い訳 「ハリー・ポッター」パクリを否定 : 2009/07/03
R-15指定「愛のむきだし」がDVDで登場 : 2009/08/31

参院選出馬を否定=任期を全うする−東国原宮崎知事(時事通信)
夫、刺され重傷「別れ話で…」 妻は車に飛び込み重体(産経新聞)
アリタリア航空が再開=南回りルート、外国人客で満席−成田空港(時事通信)
水俣病「救済措置」を閣議決定…全面解決へ(読売新聞)
「ネットで教育問題語ろう」文科省が掲示板(産経新聞)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-04-20 01:07

コンビニ強盗3万円奪う 大阪・淀川(産経新聞)

懸賞 2010年 04月 13日 懸賞

 6日午前2時35分ごろ、大阪市淀川区塚本のコンビニエンスストア「ローソン塚本2丁目店」で、男がアルバイトの男性店員(28)に果物ナイフのようなものを突き付け「金を出せ」と脅した。男は店員がレジから出した現金約3万円を奪い、逃走。店員にけがはなかった。淀川署は強盗事件として捜査している。

 男は50〜60歳くらいで身長170〜175センチ。黒っぽいダウンジャケットにズボンを着用。黒っぽいニット帽をかぶり、マフラーで顔を隠していたという。

【関連記事】
「気付いたら手に…」 JR東の車掌、花見の女性の財布盗み、殴った疑い
沖縄で外国人がタクシー強盗
路上強盗、新婚旅行費30万円奪う 北九州
景品交換所で発砲、強殺未遂容疑で無職男逮捕 
すき家に強盗、冷蔵庫に店員を入れて逃走
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

金正日「ジャンパー」世界的大流行? 北朝鮮メディア報じる「荒唐無稽」(J-CASTニュース)
<談合>川崎の23社に排除命令 公取委(毎日新聞)
<上げ馬神事>馬が転倒、死ぬ 三重県文化財指定、視察中に(毎日新聞)
パナソニック、亀梨和也氏を起用し20代向けの電気シェーバー販売を強化へ
<立川談志さん>13日に復帰(毎日新聞)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-04-13 02:08

「大阪都構想」に隔たり、橋下知事と大阪市議(読売新聞)

懸賞 2010年 04月 08日 懸賞

 今月中旬に発足する地域政党「大阪維新の会」代表に就任する大阪府の橋下徹知事は5日、府と大阪市を再編する「大阪都構想」について、自民党市議らと意見交換した。

 橋下知事は終了後、「新しい大阪を作ろうという大きな方向性で齟齬(そご)はなかった」と述べたが、再編の手法やスケジュールを巡っては隔たりが目立った。

 会合には橋下知事ら同会側の3人と自民党市議9人が出席。橋下知事によると、市議らは、広域行政体(大阪都)と基礎自治体(都区)の役割分担を進めることに関して一定の理解を示したが、同会への参加には「即断できない」と慎重姿勢を崩さなかったという。

 橋下知事は「走りながら考える僕らと、きちっとした案が見えてから走り出す市議側で意識の差がある」とし、引き続き協議する意向を示した。一方、市議の一人は「(府市再編を掲げて)選挙に勝ったら世の中が変わるという知事の考え方は違うのではないか」と話していた。

<救急搬送>7病院で受け入れ拒否、三重県の78歳女性死亡(毎日新聞)
<東京都>五輪招致委の名称変更 7月から「スポーツ委」に(毎日新聞)
放火 銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形(毎日新聞)
<育児休暇>新人に「とってみて」…首長で初取得の文京区長(毎日新聞)
二十歳の手紙 自殺した生徒の七回忌に…母の元に届く(毎日新聞)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-04-08 02:25