「大阪都構想」に隔たり、橋下知事と大阪市議(読売新聞)

懸賞 2010年 04月 08日 懸賞

 今月中旬に発足する地域政党「大阪維新の会」代表に就任する大阪府の橋下徹知事は5日、府と大阪市を再編する「大阪都構想」について、自民党市議らと意見交換した。

 橋下知事は終了後、「新しい大阪を作ろうという大きな方向性で齟齬(そご)はなかった」と述べたが、再編の手法やスケジュールを巡っては隔たりが目立った。

 会合には橋下知事ら同会側の3人と自民党市議9人が出席。橋下知事によると、市議らは、広域行政体(大阪都)と基礎自治体(都区)の役割分担を進めることに関して一定の理解を示したが、同会への参加には「即断できない」と慎重姿勢を崩さなかったという。

 橋下知事は「走りながら考える僕らと、きちっとした案が見えてから走り出す市議側で意識の差がある」とし、引き続き協議する意向を示した。一方、市議の一人は「(府市再編を掲げて)選挙に勝ったら世の中が変わるという知事の考え方は違うのではないか」と話していた。

<救急搬送>7病院で受け入れ拒否、三重県の78歳女性死亡(毎日新聞)
<東京都>五輪招致委の名称変更 7月から「スポーツ委」に(毎日新聞)
放火 銀行にガソリンまきライターで火、男逮捕 山形(毎日新聞)
<育児休暇>新人に「とってみて」…首長で初取得の文京区長(毎日新聞)
二十歳の手紙 自殺した生徒の七回忌に…母の元に届く(毎日新聞)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-04-08 02:25

<< コンビニ強盗3万円奪う 大阪・...   自民党 「逆仕分け」で反転攻勢... >>