<雇用調整助成金>不正受給2億円 厚労省が対策強化へ(毎日新聞)

懸賞 2010年 03月 31日 懸賞

 厚生労働省は30日、労働者を一時帰休させるなどして雇用を維持している事業主への支援策の雇用調整助成金制度で、総額1億9350万円の不正受給があったとして、4月1日から防止対策を強化すると発表した。

 厚労省によると、昨年4月〜今年1月、52事業所で不正受給があった。架空の休業や教育訓練を実施したと虚偽の報告をして助成金を受けていた。全事業所に助成金を返還させ、3年間の助成金不支給処分とした。

 防止対策は、受給している事業者に関し、休業などを確実に実施しているかどうか労働者へのヒアリングを強化する。また、実際に生産活動をしているにもかかわらず、教育訓練を実施していると申請するケースがあることから、労働者別に教育訓練の予定日を記載させたり、訓練を受けた労働者ごとに受講を証明する書類の提出を求める。【東海林智】

【関連ニュース】
児童虐待:厚労省と文科省が指針策定
厚労省:グループホーム防火体制の徹底、全自治体に通知
保育所待機児童:4万6058人に増加 厚労省発表
体重:中年の急増急減、死亡リスク高く 厚労省8万人調査
特定看護師:広範囲の医療行為可能に 厚労省検討会が提言

鳩山首相と関係閣僚、夜に協議=普天間移設、政府案で詰め(時事通信)
10府省会見で質問可能=フリー記者への開放状況−総務省調査(時事通信)
【from Editor】懐かしい音と言わないで(産経新聞)
普天間移設の政府案、首相が発表も=与党幹部(時事通信)
劣悪施設に受給者、生活保護申請ダメ…大阪市(読売新聞)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-03-31 13:28

<< 自民党 「逆仕分け」で反転攻勢...   省内事業仕分け、公開へ―厚労省... >>