「検察官甲子園」で熱戦=高校生が模擬裁判−横浜(時事通信)

懸賞 2010年 03月 23日 懸賞

 裁判員裁判や検察官の仕事への理解を深めてもらおうと、横浜地検は21日、高校生が検察官役を務める模擬裁判「検察官甲子園」を開催した。事前に同地検の検察官が指導した神奈川県内4校の17人が参加。学校関係者や家族ら約100人が詰め掛け、同日始まった選抜高校野球に勝るとも劣らぬ熱戦に拍手を送った。
 参加したのは、横浜雙葉(横浜市中区)、公文国際学園(同市戸塚区)、県立氷取沢(同市磯子区)、県立厚木(厚木市)の各高校の1、2年生。
 男が路上で女性を殴り現金などを奪ったとの強盗致傷事件の模擬裁判で、各校3〜6人が検察官となり、起訴状朗読から論告求刑までを行い、裁判官・裁判員役の司法関係者や教育委員会関係者らが審査した。
 被告は「人に会いに行く途中で、現金は自分のもの」と否認したが、被告人質問では「仕事を世話してもらう人に会いに行くのに、その人の本名も住所も知らないのは不自然」など、鋭い指摘が続出。被告役の検察官も思わず言葉に詰まるなど、実際の裁判を思わせる本格さだった。
 優勝は、的確な質問が評価された横浜雙葉。論告が際立った氷取沢2年の今井夏希さん(17)がMVPを受賞した。今井さんらは昨年11月から準備を進めたといい、「被告の証言で有罪を立証する点に工夫をした。私一人ではなく皆で一生懸命頑張った。やはり優勝したかった」と涙を見せた。
 同地検の井内顕策検事正は「若い世代に対する法教育の一環として実施したが、非常にレベルが高かった」と評価。地検広報によると、事前指導の上、裁判長や弁護人を現役検察官が演じる高校生の模擬裁判は例がないという。 

【関連ニュース】
【特集】裁判員制度
抗うつ剤で心神耗弱認める-強盗殺人未遂・さいたま
同僚殺人、3人に懲役19〜10年=裁判員ら「間に休日を」
「薬物事件、趣旨に合わない」と裁判員=密売の男に実刑判決
「つくられた感じ」「分かりやすい」=取り調べDVD映像に裁判員

「トキには愛を」首相が珍しく?指導力発揮 国家戦略を修正(産経新聞)
<郵政改革>亀井担当相が鳩山首相に具体策報告(毎日新聞)
<センバツ>開会式リハーサル 32校の選手ら、力強く行進(毎日新聞)
「再考を強く求める」=足利事件再審判決の撮影不許可で−民放連(時事通信)
関空出国エリア 改修セレモニー(産経新聞)
[PR]

by iqyq7hrqvy | 2010-03-23 09:50

<< 山手線外回りが運転再開 架線ト...   <火災>老人介護施設で出火 3... >>